モデルタレントに欠かせない素質【マネージャー日記】

マネージャー目線で綴る
【マネージャー日記】シリーズ。

梅雨の雨はどこへ行ってしまったのかと思うほど、連日猛暑続きですね。
毎年梅雨時は天気予報を見ては傘マークと睨めっこ。
今年は傘マークより最高気温と睨めっこしている日が多い気がします。

さて、今月のマネージャー日記は「モデルタレントに欠かせない素質」について前編・後編に分けて書いてみたいと思います。

▼ 前回の記事はこちら ▼
仕事はどうやってとってくる?

➖ ルックスが整っていないと無理ですよね?

モデル、タレントのお仕事をやってみたい!と思った多くの方が外見<ルックス>を気にされると思います。
実際、ご応募頂く時に「ぽっちゃりしているんだけど」「イケメンではないけれど」「背が低いんですが」と前置きをしてご応募される方も多いです。

当然ルックスは大事です。
なぜなら、モデル・タレントは〝人に見られる仕事〟だから。
だからと言って、かわいい、イケメン、背が高い、顔立ちが整っている・・・といったことばかりを重視している訳ではありません。

出演依頼の中にはぽっちゃり体型を求めるものもあるし、企業の社長さんや大工の親方役などはお腹まわりが立派な、恰幅の良いモデルさんで!とオーダーされることもあります。

広告業界やTV業界では、体型や身長、顔立ちよりも、清潔感のある見た目が何よりも大事。
「見られる仕事だから、見た人に不快感を与えないようにしよう」という心がけがあるかどうかの方が大切です。

 

➖ ルックスのアップデート

清潔感が大事、とお伝えしましたが、見られるお仕事ゆえに外見のアップデートも必要
でも、外見磨きに夢中になるあまりに無理なダイエットをしたり、場合によっては医療の手を借りたりして本来の魅力が損なわれてしまうのは、事務所としてはあまり好ましいことではありません。

例えば、少しふっくらしていて、透明感のあるツヤツヤな美肌が魅力だったのに、無理なダイエットをするあまりに頬がこけ、荒れてくすんだ肌になってしまったら・・・
きっと決まるものも決まらず、本来の輝きを失ってしまう気がします。

それならば、無理なダイエットをするよりも、日焼けにより気をつけて一年を通して美白を維持する、髪のお手入れにも気を使ってもっと洗練された印象を目指す、という方が本来の魅力をもっと輝かせることができるのでは、と思います。

最近は男性(特に若い世代)はみんな美意識も高く、スキンケアをしっかりしている方も多い印象です。
今まで無頓着で今さらスキンケアなんて!という大人の男性も、ヒゲを整え、テカリを抑えるだけでも、清潔感のある爽やかな印象に!

全くの別人を目指すより、持ち味をいかしながらより輝く。というルックスのアップデートをしていくのがベストだと思っています。

モデルやタレントのお仕事には興味があるけど、自分の魅力や持ち味なんて分からない、という方も私たちが魅力を見つけるお手伝いをします。
ぜひお気軽にご応募下さい!

次回は、ルックスとはまた違ったモデル・タレントの素質について書いてみたいと思います!
お読みいただき、ありがとうございます。